【新機能】LINE公式アカウントにLINE Tag機能が追加!ついに配信したメッセージの効果測定が可能に。具体的に何ができるのかを徹底解説!

2020年10月、ついに!LINE友だちの行動が計測できる機能「LINE Tag」がリリースされました。

オンライン予約を行っている飲食店の場合は、これまでの配信で「LINEでの配信をきっかけにどれくらいの人がオンライン予約をしたのだろう」、

オンラインショップの場合は、「LINEでの配信をきっかけに、どれくらいの人がオンラインショップにアクセスして、告知した商品を見ているのだろうか」「実際に商品購入までつながった人はどれくらいなのかな」と気になっていた方も多いかと思います。

今回の新機能を導入することで、その疑問が解決!

つまり、配信メッセージをクリックした後のユーザー行動が計測可能になったのです。これにより、LINE友だちがとった行動(購入や会員登録、オンライン予約)を計測することができ、メッセージ配信の最適化を図ることができます。

さらに、LINE広告においては、LINE Tagとの相性がよく、より細かい分析やユーザーへのアプローチができます。
計測したい複数のページにタグを設置することでコンバージョン数(購入や会員登録、オンライン予約などあなたがユーザーにクリックしてほしい最終地点)を計測し、どのページの改善が必要なのかを見出すことが可能です。

さらに、LINE Tagを活用して配信のオーディエンスを作成することもできます。つまり、特定のページを訪問したユーザーのみに広告を出すことが可能に!

今回は、その新機能LINE Tagとは何なのか、どうやって利用するのかを解説します。

結局、何ができるようになったの?

これまでは、リッチメッセージを配信した結果として、その「開封数」と「クリック数」のみ計測可能でした。
しかし、その先の「ユーザー行動」は測定ができませんでした。

この説明だけではイメージがしづらいかと思いますので、具体例で解説します。

例えば、配信したリッチメッセージをクリックすると、レストランの予約サイトに遷移する設定にしていたとします。

LINE公式アカウントでは、「リッチメッセージが開封された数・クリックされた数」は計測できていましたが、その先のユーザー行動「実際にオンライン予約したのかどうか」は計測ができなかったのです。

しかし、新機能「LINE Tag」を使用すると、「予約した数」もわかるようになります。

さらに、LINE広告の場合はさらに細かくタグを設置することができます。

LINE広告から「オンライン予約サイト」に遷移させていた場合、その先の複数の計測したページにタグを設置することでユーザーがどこでページを離れたか計測ができます(下記①〜④)。

その結果を基に、広告の画像やタイトル・本文などを変えて、再度アプローチしたいユーザーにだけ、広告を出すこともできます。

  • 予約ページに訪問
  • 予約ボタンを押す
  • 予約の情報入力ページに進む
  • 予約完了

より細かなユーザー行動が計測できることはマーケティングをする方にとっては、非常に大切で判断の基準ができるため是非とも取り入れたいですよね。

それでは、どのような設定をするとLINE Tagを利用できるのか解説いたします。

どうやってLINE Tagを使用するのか?

LINE公式アカウント管理ページの【トラッキング(LINE Tag)】から計測するためのコードを発行し、計測を行いたいページそれぞれに設置する必要があります。

そのため、誰でもすぐに利用できるものではなく、ウェブサイトの改修が必要になります。社内にシステムエンジニア(SE)がいる会社の場合はすぐにコードの設置が可能かもしれませんが、そうでない場合は外注やウェブサイトを作成してもらった会社に修正を依頼する必要があります。

費用がかかってしまいますが、1度導入するとLINE公式アカウント管理画面の分析から数値を追うことができるため、しっかりと分析ができて本当に改善が必要な箇所を見極められるようになります。

そうすると、LINEからの集客や売上が伸びることは間違いありません。

 

まとめ

今回の新機能LINE Tagを導入するか、しないかで今後の企業の集客力に差がつくことが予想されます。

日本国内の「生活インフラ」として定着しているLINE。日本の人口の64%以上をカバーしているため、LINE公式アカウントをビジネスのツールとして使わない手はありません。
しかし、社内エンジニアがいない場合はすぐに導入ができないため、今後LINE公式アカウントをどの程度、重きを置いて活用していくのか社内でしっかり話し合う節目かもしれません。使える機能は活用して、どんどんLINE公式アカウントを利用していきましょう。

弊社Infidexは「LINE公式アカウントの認定パートナー」として多くの企業の皆さまをサポートしております。

代理店ではなく、「マーケティング会社」として効果の出るLINE公式アカウントの運用を得意としています。

アカウント保有数600件以上、これまでの実績から培ったノウハウを生かしたLINE公式アカウントの活用法や業種ごとの事例なども多数ご案内可能です。

また、LINE広告も実施しております。まずは相談だけでも問題ありませんので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。