カードタイプメッセージ機能が新登場!活用方法を紹介します!

LINE公式アカウントに新機能として「カードタイプメッセージ」が追加されました。

カルーセル形式で最大9枚まで、複数枚のカードを配信できるフォーマットです。

 

  • プロダクト
  • ロケーション
  • パーソン
  • イメージ

の4種類のカードタイプがあり、整理されたレイアウトでメッセージを作成することができるようになりました。

『テキストや画像でしかメッセージ配信をしたことがなかった』『リッチメッセージをつくりたいと思っていたけど手がつけられていなかった』

という方はぜひ活用していただきたい機能です。

今回は、LINE公式アカウントの新機能「カードタイプメッセージ」の機能概要と活用方法をご紹介します。

プロダクトタイプ

サービス・製品の紹介に適しているタイプです。

プロダクトタイプ画像

①ラベル
6色から選ぶことができ、画像の色味に合わせて、見やすい色を設定。

②画像
1-3枚まで設定枚数を選ぶことができます。大きく見せるのか、種類を見せるのか、用途によって設定枚数を検討しましょう。もし用意できる画像がない場合は、デフォルト画像を選択できます。

③価格表示
製品の価格を大きく表示することができます。アクションボタンで詳細や購入ページに誘導するとより効果的でしょう。

活用例①オススメメニューの紹介

画像は1枚で商品を大きく見せる

アクションはつけず、メニューを紹介

活用例②旅行先の提案

旅行カード

画像を複数枚使い、魅力を訴求

幅のある価格も「〜」を使って表現

「詳細」「予約」ページへ、2つのURLを設定

ロケーションタイプ

ロケーションタイプは、「場所」の紹介に優れているカードタイプです。

ロケーションタイプ画像

① 画像
プロダクトタイプと同じく3枚まで設定、デフォルト画像も選ぶことができます。

 ② 住所
住所には位置情報を設定できます。位置情報を設定すると自動的にマップにリンクするため、場所を明確に伝えたい時に便利です。

  追加情報
「時間」「価格」どちらかを選んで情報を追加できます。用途に合わせて設定する情報を選択しましょう。

活用例①お店の紹介

ロケーションタイプ例

ラベルでお店のカテゴリを紹介

住所に位置情報を設定し、店舗へ誘導

追加情報は「時間」を選択し、営業時間と定休日を設定

活用例②物件情報紹介

ロケーションタイプ例

画像で外観と部屋の様子を両方見せる

住所には最寄り駅からの距離を設定

追加情報に「価格」を選択し、家賃と条件を設定

パーソンタイプ

パーソンタイプは「人物」の紹介に優れたカードタイプです。

パーソンタイプ画像

 ① 画像
SNSのアイコンのように丸く切り抜いて設定されます。機能上で切り抜くことができるので、丸い画像を用意する必要はありません。画像を用意できない場合は、パーソンタイプ固有のデフォルト画像が設定できます。

 ② タグ
3つまで設定することができます。人物のステータスや役職などを整理して表示できます。

活用例①サロン担当者の紹介

パーソンタイプ例

タグで担当者のステータスを紹介

担当者のより詳しい情報は説明文へ

アクションには予約への導線を設定

イメージタイプ

イメージタイプは、画像の紹介に優れたカードタイプです。カードタイプ特有のカルーセル表示を生かして、複数の画像を一覧で見せることができます。

イメージタイプ画像

① ラベル
プロダクトタイプ、ロケーションタイプと同様にラベルを設定できます。6色から選ぶことができるので、画像の色味に合わせて見やすい色を設定しましょう。

 ② 画像
イメージタイプでは、1枚だけ設定できます。機能上で切り抜きもできるので、見せたい要素を大きく見せることができます。

 ③ アクションラベル
カードに設定できるリンク情報です。URLはもちろん、クーポンやショップカードなどオフィシャルアカウントマネージャーの機能を呼び出すこともできます。

活用例①ネイルメニューの表示

その月のメニューを一覧で表示

ラベルを使ってコースの価格を案内

「もっと見るメッセージ」を活用し、メニューから予約へスムーズに誘導

カードタイプメッセージ活用のポイント

「もっと見るメッセージ」を使う

「もっと見るメッセージ」とはカルーセルの下部に表示されるリンク用のカードです。各カードで商品やサービスを紹介した後に表示されるので、より興味を引き出した状態でユーザーを誘導することができます。

あいさつメッセージ,自動応答メッセージと組み合わせる

カードタイプメッセージは多くの情報を整理して提供することに向いています。通常の配信メッセージはもちろん、初めて友だちになったユーザーへサービス紹介や自動応答への問い合わせ対応など、情報を効率良く伝えたいときに便利です。

まとめ

カードタイプメッセージ機能ができたことにより、今まで以上にLINE友だちに対し、自社の商品・サービスを訴求しやすくなりました。

最初のタッチポイントに組み込むことや、通常メッセージとしての配信もできます。

送りたいメッセージや、友だちの属性を把握して、どのカードタイプメッセージが効果的か考え、選択することが重要です。

まだリリースされて間もない機能なので今のうちから活用し、LINE公式アカウントの効果を最大化していきましょう。