リッチメッセージのクリック率と、実は関わり深い《リッチメニュー》。その理由と対処法とは?

LINE公式アカウントを作成して、いざ運用開始!

しかし・・・
「リッチメッセージのデザインにも力を入れて配信頑張っているのに、なかなかクリック率が伸びていかないんだよな・・・」
そんなお悩みのあるご担当者様も多いのではないでしょうか?

・・・そのクリック率、もしかしたら《リッチメニュー》が関係しているかもしれません!

「え?リッチメニュー?配信とは関係なくない??」と思われた方。

実は、リッチメニューの表示・非表示を切り替えることで、クリック率に大きく関わってくることがあるのです。
今回は、実際の事例を踏まえながら、リッチメニューの表示・非表示の切り替え方法をご紹介していきます!

そもそもリッチメニューとは?

リッチメニューについての詳しい説明は、こちらの記事をご覧ください。

LINEマーケティングの成否を分ける導線づくり!リッチメニューの設定方法と効果的な活用事例を紹介!

大切な情報をお客様に届けるために、重要な役割となる《リッチメニュー》。

しかし、時として《クリック率の妨げ》となってしまうことがあるため、非表示にするべき場合があるのをご存知でしたか?

非表示にするべき場合とは?

まずは、こちらを見てください。

リッチメッセージ+クーポンを使い、2つの配信を同時に行いました。
配信時には、リッチメニューは《非表示》になっています。

パッとみた時に、2つのクリエイティブが目に入ってくるので、配信が2つあることが分かりやすいですよね。

一方・・・もしリッチメニューが《表示》になっていた場合はどうでしょうか?


これだと、1つ目のメッセージに関しては、ユーザーかスクロールしない限り気づいてもらうことすらできず、勿体ないことになってしまいます。

・・・では、どうしたらいいのでしょうか?

配信直後のみ《非表示》にしていいとこ取りをする!

ひとつの技として、配信直後のみ《非表示》にする方法があります。

ユーザーがリッチメッセージを確認するのは、配信直後が一番多く、当日中に開封されることがほとんどです。

そのことから、
・配信時〜当日中:非表示設定
・次の日以降:表示設定

と切り替えを行うことで、リッチメニューとリッチメッセージ両方のメリットを最大限に活かすことができます!

▼具体的なやり方としては以下になります。

①LINE Official Account Managerの《ホーム》から《リッチメニュー》を選択


②現在、予約・公開されているリッチメニューを選択し、《編集》をクリック


③メニューのデフォルト表示を《表示する》→《表示しない》に変更


すると、リッチメニューのデフォルト設定が《非表示》となります。

※LINEを開いた状態で《メニュー▲》をクリックすると、ユーザー自らメニューを開くこともできるのでご安心ください。

次の日や、配信から数時間後に《表示する》の設定に手動で切り替えることで、今まで通り、リッチメニューが表示された状態に戻すこともできます!

まとめ

ユーザーがLINEを開くタイミングは、やはりメッセージ配信のあった時。

そのため、配信のタイミングで「何を一番届けたいか?」を最優先して考えると、リッチメニューの表示・非表示も検討しやすくなるかもしれません!

ぜひ、今後の運用の参考にしてみてくださいね!

Infidexでは、リッチメニューの作成や配信画像の作成はもちろん、
クリック率を上げてユーザーに情報を届けるための工夫などにも力を入れております。

他にも、クリック率に関しては、このような記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

何か、運用面でお困りの際には、ぜひお気軽にお問い合わせください!