LINEチャットの意外な落とし穴?!トーク履歴《バックアップ方法》をマスターしよう!

投稿日:2021年12月1日 | 最終更新日:2021年12月1日

今や、お客様との信頼関係構築に欠かせないLINE公式アカウントのチャット機能。

しかし、「過去にどんなお問合せがあったお客様なのかチェックしたい!」と思ってチャットを遡ってみると、以前のトークが見れなくなっていた!という経験はありませんか?

・・・そうなんです。
LINEチャットの意外な落とし穴。

「一年経つと、自動的にトーク履歴が消えてしまう」のです。

「え!自動で消えちゃうの??それは困る!!!!」と思ったあなたも、もう大丈夫。

この記事では、大切なお客様とのトーク履歴を残しておく【バックアップの方法】について解説していきます。

チャット内のトーク履歴の保存期間について

トーク履歴の保存期間は、

◆テキスト:1年間
◆画像や動画:2週間
◆ファイル:1週間

と、それぞれ保存期間が異なるので注意しましょう!

画像や動画、ファイルは特に保存期間が短いため、お客様から届いたデータは後回しせず、その都度保存するようにしておくと安心ですね。

バックアップのやり方について

トーク履歴は、csvファイルをダウンロードすることで《バックアップ》が可能です。

やり方はとても簡単なので、以下の手順に沿って進めてみてくださいね。

①Official Account Managerの「チャット」タブを開きます

②左下の「歯車マーク」を開きます

③チャット設定の中の「基本」タブを開きます

④「基本」タブの一番下の「チャット履歴のバックアップ」から《CSVファイルを作成》→《ファイルをダウンロード》で完了です

⑤すると、zip形式のCSVファイルが、お客様ごとのファイルになって出力されます

以上で完了です!

ちなみに、バックアップは1週間に一度しかダウンロードすることができないので、ダウンロードするタイミングはご注意くださいね!

まとめ

以上、いかがでしたか?

お客様との信頼関係を構築していくために、欠かせないLINEチャット機能。
あとから見直したいとなった時に、「あれ!やりとりがない!!」となることがないように、定期的にバックアップを取ることをオススメします。

お客様のデータを大切に保管して、お客様一人一人に合わせた対応やご提案に繋げて、ファン獲得を目指していきましょう!

Infidexでは、LINE公式アカウントの有効な活用方法に関する記事を、他にもたくさんご紹介しています!

ぜひ、興味がある方は、他の記事も確認してみてくださいね!