【新機能】LINEリッチメッセージ・リッチメニューが簡単に作成できるように!設定方法、活用方法をご紹介します。

LINE公式アカウントに、専門知識、難しい技術がなくても、リッチメッセージ ・リッチメニューが簡単に作成できる機能が新しく追加されました。

リッチメッセージ・リッチメニュー共に、文章のみコンテンツに比べ、誘導率、クリック率が高く、しっかり活用できればマーケティング活動の大きな武器となります。

「リッチメッセージを活用したかったけど画像作成ができなかった」

「テンプレートのサイズに合わせることが難しくて挫折してしまっていた」

という方はぜひ今回の新機能を活用してみてください。

LINEリッチメニュー簡易作成方法

LINE Official Account Manager→「ホーム」→「リッチメニュー」を選択します。

そして「画像を作成」を選択。

リッチメニュー 管理画面

プレビュー画面を見ながら、画像の編集・加工ができます。

下記事例では、テンプレートに合わせ画像の編集を行っています。

こちらの例では、背景色やテキスト追加を利用して画面を作成しています。

リッチメニュー作成画面

LINEリッチメッセージ簡易作成方法

LINE Official Account Manager→「ホーム」→「リッチメッセージ」を選択します。

「テンプレートを選択」し、「画像を作成」。

テンプレート選択

画像やテキストを当てはめていきます。

LINEリッチコンテンツ活用方法

LINEのリッチコンテンツは、文章のみのコンテンツと比べ、視覚的に訴求できるものになるので、

  • クリック率UP
  • エンゲージメントUP
  • ブランディング

に繋げやすくなります。

リッチメッセージ、リッチメニューの効果的な活用方法は下記記事もご覧ください。

LINEマーケティングの成否を分ける導線づくり!リッチメニューの設定方法と効果的な活用事例を紹介!

LINE公式アカウントリッチメッセージの作成方法と反応率が高い効果的な配信事例を紹介!

なぜリッチメニュー・リッチメッセージを活用するのか、が大事

リッチメニュー、リッチメッセージが活用できるようになったからといって、なんとなくメニューを設定したり、コンテンツ配信をしてしまっては友だちのブロックを招いてしまうことにも繋がってしまいます。

「なぜリッチメニューにこれを設定するのか」

「どんな意図を持ってリッチメッセージを配信するのか」

「最終的な目的はなにか」

「目的地のHPや、SNSへの誘導の導線は組まれているか」

ということを考えながら、リッチコンテンツを活用していきましょう。