LINE公式アカウントを開設したら1番に行う基本設定!「プロフィール・背景画像」「権限」「応答」設定をご紹介

LINE公式アカウントを無事に開設でき、「自分の店舗(ビジネス)のLINE公式アカウントができた♪」と喜んだのは一瞬。

「どうやってプロフィール画像を設定したらいいの?」「最初にどんな設定が必要なの?」と次の問題にぶつかり、とりあえず調べてみようと思ってこの記事にたどり着いたのではないでしょうか?

今回の記事では、LINE公式アカウント開設後にしておきたい基本となる設定「アカウント設定」「権限管理」「応答設定」をご紹介します。

アカウント設定

基本設定

番号説明

アカウント作成時に入力したアカウント名が記載されています。未認証の場合のみ、アカウント名の変更が可能です。
※1度変更すると7日間変更ができません。
※認定セールスパートナーが開設又は管理しているアカウントは異なります。

アカウント名のすぐ下に表示されるメッセージです。
20文字まで入力可能。
1度変更すると1時間以内は変更できません。

LINEのアイコン画像を設定します。
1度変更すると1時間以内は変更できません。
・ファイル形式 JPG  JPEG  PNG
・ファイルサイズ:3M G以下
・推奨画像サイズ:640px×640px

タイムラインのトップに表示されるカバー画像を変更できます。

・ファイル形式 JPG  JPEG  PNG
・ファイルサイズ:3M G以下
・推奨画像サイズ:1080px×878px
※バーでトリミング範囲の調整が可能です。

情報の公開

番号説明

現在のステータス(未認証・認証済)が確認できます。
未認証アカウントの場合、【アカウント認証をリクエスト】を押すことで認証済みアカウント申請ができます。
※管理者権限を持つ方のみがリクエスト可能です。
※認定セールスパートナーが開設又は管理しているアカウントは異なります。

店舗の位置情報が設定できます。
登録した住所はアカウントやショップカードの検索結果に表示されます。
【住所】>【位置情報】に入力>【検索】>【保存】を押します。


※【プロフィール】で設定する住所とは別なので、プロフィールにも設定したい場合はそれぞれ設定しましょう。

チャット

番号説明

グループ・複数人チャットへの許可をするか否か設定できます。

・グループ・複数人チャットへの参加を許可しな
あなたのLINE公式アカウントとユーザー1人の1対1のチャットができます。

・グループ・複数人チャットへの参加を許可する
ユーザーが作成したLINEグループにあなたのLINE公式アカウントも追加可能になります。

飲食店の予約などで複数人のユーザーとやりとりをするときに便利です。
※公式アカウントとお友だちになっていないユーザーがグループ内にいても会話が可能です。

LINE公式アカウントのトーク画面の背景色が設定できます。
30色ほどから選べるので、あなたのアカウントのイメージに合う色を設定していただくとオリジナリティが出ます。

アカウント情報

番号説明
あなたのアカウントのベーシックI Dが確認できます。
プレミアムI Dの場合はこちらで確認ができます。
プレミアムI Dではない場合、【プレミアムI Dを購入】を押すことで申請できます。
※プレミアムI Dとは、任意のI Dを設定できるため覚えやすいI Dに設定して見つけやすくなります。
現在のプランが確認できます。
【プランを変更】を押すと、プランを変更できます。

目的を設定できます。
設定した目的に応じて適切な情報の提供をL I N Eが予定しているようです。

権限管理

アカウントのメッセージ配信やチャットを利用するためには権限が必要です。
その際に、こちらの画面から設定ができます。

番号説明
【メンバーを追加】を選択

【権限の種類】を選択

【URLを発行】を選択
発行されるURLをコピーし、権限を付与したい相手にメールなどで送ります。
権限付与される人がそのURLを踏むことで、権限が付与されます。
※URLは24時間、1回のみ有効です。

▼URLをタップした時の挙動
「メンバーに追加されます」と表示されますので、【承認】を押すと権限付与完了となります。

よくある質問

Q.『URLをクリックするとエラーが表示されます。どうしたら良いですか?』


A.
URLは発行から24時間、1回のみ有効です。また、1回の発行につき1人のユーザーのみ有効となり、使い回しはできません。
そのためこちらのエラーが表示された場合は、URL発行から24時間経過してしまっているか、権限を発行した人がURLを踏んでしまった可能性が考えられます。もう1度、URLを発行し直してお試しください。

ちなみに、権限は1アカウントにつき、100人までのメンバー登録が可能です。
※ユーザーが管理できるアカウントは100個までです。

応答設定

ユーザーがトーク画面で何かメッセージを送信した時に対するアクションを設定できます。《LINEコール》を利用するためにもこちらでの設定が必要です。

基本設定

ユーザーがトーク画面で何かメッセージを送信した時に対するアクションを設定できます。2020年7月に追加された新機能《L I N Eコール》を利用するためには、こちらのページでチャット機能を「オン」にする必要があります。
※「LINEコール」とは、LINEアプリのユーザーからLINE公式アカウントに通話ができる機能です。チャットだけではニュアンスが伝わらない、緊急の連絡時に口頭で補足することで円滑なコミュニケーションを図れます。

番号説明
チャットモード、応答メッセージに関する設定を行います。

・Bot
ユーザーがトークでメッセージを送信すると、自動で返答するよう設定ができます。

また、特定のワードが送信されると、この内容を返すという設定ができます。アイデア次第でユーザーに面白く使ってもらうことができます。

・チャット
スタッフによる手動での返答、応答メッセージ、スマートチャット(AI応答による自動返答)で対応できます。

友だち追加してくれたユーザーに対して、送るメッセージのオン・オフが設定できます。

あいさつメッセージを「オフ」にしている場合は、あいさつメッセージを保存していても保存されませんのでご注意ください。

【あいさつメッセージ設定】を押すと、ホーム>あいさつメッセージ の画面に移り、メッセージ内容の編集が可能です。

詳細設定

①の応答モードで【Bot】を選択した場合、こちらの【応答メッセージ】を「オン」にすると応答モードが使用できるようになります。

「オフ」になっていると、応答モードの詳細設定をしていても動作しません。

まとめ

今回ご紹介した基本設定は、あなたのLINE公式アカウントの顔となる大切な部分です。ここが設定されていないとメッセージを配信しても受取側は、誰から受信したのかわかりません。

「設定方法がわからないから」「めんどくさいから」と後回しにしてしまうと、ユーザーに「何これ?」「迷惑メッセージが届いた」と思われてしまい、ブロックされる確率が高くなります。

きちんと設定を行い、これから行うLINE公式アカウントの運用に備えましょう。

ご不明な点や不安な点があれば、初期設定を代行サービスも実施していますので、お気軽にお問い合わせください。

あなたにおすすめの記事

より充実したプロフィールを設定して、ユーザーにあなたの店舗(ビジネス)について知ってもらおう!
LINE公式アカウントを開設したら知っておきたい!「プロフィールページ」設定方法をご紹介!

設定の次にする手順については、こちらの記事がオススメ
LINE@(ライン公式アカウント)の使い方がわからない!LINE@(ライン公式アカウント)を開設したらすぐに行う3つの設定