LINE公式アカウント用語集 Part.2

投稿日:2020年2月14日 | 最終更新日:2022年7月1日

 

《2020年2月22日更新》
《2020年11月16日更新》
《2020年10月23日更新》

前回の記事に引き続き、LINE公式アカウントの用語集第2弾です。

LINE公式アカウント用語集 Part.1

あいさつメッセージ

ユーザーが友だち追加を行った際に自動で送信される初回メッセージです。

ユーザーにとって「有益なアカウント」と判断してもらえるような魅力的なプロモーションができるチャンス。

人付き合いにおいても第一印象が重要なようにマイナスイメージを与えずメリットを感じてもらえる文章や表現が必要です。

■ テキストメッセージ

テキストメッセージは一番基本的なメッセージで、文字と絵文字を送ることができます。1つの吹き出しに入る文字数は1900文字で、一度送ったメッセージは取り消すことはできません。

■ スタンプ

テキストだけでは味気ないトークにスタンプを入れるだけで華やかになり、言葉にしづらいニュアンスも伝えやすくなります。LINE公式アカウントでは、使用できるスタンプは限られており、新規で追加購入することはできません。

■ 画像メッセージ

画像のみを送信するメッセージです。LINEアプリでメッセージとして送られた画像をタップすると、画像を拡大表示できます。補足として詳細をメッセージに記入したり、URLを貼り付けるなどして動線を作ります。シンプルでインパクトのある画像を使う場合に適した方法です。

■ 音声メッセージ

音声を録音してトークでやりとりできる無料通話とメッセージの間にあるような機能です。文字を打つ手間がなく手軽に投稿でき、動画とは一味違うコミュニケーションの幅も広がります。

■ タイムライン

友だちとして登録しているユーザーの投稿を時系列で閲覧でき、ひとつひとつにスタンプをつけたりコメントを入れる事ができます。友だち登録されたメンバーのみ閲覧できて、公開相手を任意で選択できるのも特徴です。

自動応答メッセージ

LINE公式アカウントの友だちがトークで話しかけてきた際、あらかじめ設定したメッセージ(最大1000件まで登録可)をシステムが自動返信する機能です。 事前に設定したメッセージを素早く送信できるので、ユーザーへの対応と作業の効率化に大きく貢献します。

キーワード応答メッセージ

自動応答メッセージの中にある機能の1つで、LINE公式アカウントのトーク画面でユーザーが事前に設定したキーワードを送った瞬間に8つのコンテンツ(テキスト、クーポン、 写真、スタンプ、リッチメッセージ、 リッチビデオメッセージ、動画、ボイスメッセージ) を自動で送ることができます。

セグメントメッセージ

公式アカウント登録ユーザーに対して情報一斉配信するだけではなく、ユーザーにあった内容のメッセージをセグメント(お客さんの属性ごとに仕分ける)ごとに送ること。

性別・年代・居住地(都道府県まで)・利用しているOS・友だちになってからの期間の5つでセグメントされる。

動画メッセージ

通常のテキストや画像のように、動画をメッセージで送信できる機能です。

スマホが普及して動画を視聴する機会が増えたことや、短時間でより多くの情報が伝えられ、印象に残りやすいなどの理由からプロモーション方法として選ばれています。

リッチコンテンツ

クーポン情報やキャンペーンページや商品ページなど、訴求させたい内容への誘導を導くためのコンテンツになります。

LINE公式アカウントでは、下記コンテンツを指します。
・リッチメッセージ
・リッチメニュー
・リッチビデオメッセージ

リッチメッセージ

リンク付きの画像や動画を組み合わせて配信することができる機能です。
テキストによるメッセージ配信よりも、視覚的にわかりやすく多くの情報を伝えることができます。

メッセージ配信で画像を添付した場合は画像が拡大されるだけですが、リッチメッセージは画像にリンク設定が可能で、キャンペーンページなど、指定のページを案内したい場合リンク先への誘導率が高まります。

リッチメニュー

トーク画面の下部に大きく固定表示されるメニューのことです。
ビジュアルとテキストでの訴求、エリアごとにリンク先が設定できる点はリッチメッセージと同様ですが、分割されたリンク付きの画像やテキストで貼り合わせており、画像をタップするとリンク先へ導入できたり、事前に設定したキーワードの送信が可能になります。

リッチビデオメッセージ

リッチメッセージの動画版がリッチビデオメッセージです。
ユーザーがトークルームに入った時点でクリックされなくても自動的に再生を開始されます。
視聴完了後には任意のURLに遷移を促すことができます。

リサーチページ

LINE公式アカウントの友だちに対して、商品やサービスの意見を人気投票や二者択一などでアンケートを行う機能です。

年齢や性別、居住地も収集できるため、使い方次第では商品・サービスの改善や売上向上にもつながります。

■ クーポン

全国展開するメジャーな飲食店ブランド22,000店舗以上のクーポンを提供するサービスです。クーポンを配信することで、 ユーザーの来店や商品購入のきっかけをつくることができ、友だち追加時限定のクーポンを配信すれば、友だち数の増加にも繋げられるます。メッセージ機能を利用した一斉配信や、アンケートに回答したときや抽選 ページで当選したときなど、様々なシーンで配信できます。

■ 抽選ページ

ユーザーに対して抽選イベントを送れる機能です。 ゲーム要素が強く、ユーザーに楽しんで抽選に参加していただけます。事前に作成したクーポンを、抽選で当選したユーザーに付与することができ、当選確率や当選枚数は自由に設定できます。抽選結果はその場でわかり、抽選していただいたお客様にその場でサービスをすぐに提供することができます。

ショップカード

LINE上での商品購入や来店などの特典として付与されるポイントを、使い慣れたLINEアプリ上で管理できる機能です。

紙のカードのように持ち運ぶ必要はなく有効期限のメッセージによる通知や、ポイント取得もQRコードを読み取るだけと、ユーザーとって使いやすい機能です。

企業や店舗にとっては、利用状況をLINE公式アカウントの管理画面からリアルタイムで分析できるため、有効期限をユーザーに通知したり再来店を促す効果にも繋がります。

■ 1:1トーク(LINE Chat)

友だち追加してくれたユーザーと通常のLINEのように1:1でトークができる機能です。 各種問い合わせをスムーズにやり取りすることが可能になります。

分析

【LINE公式アカウントマネジャーの管理画面>分析】から下記データの分析ができます。

・友だち
・プロフィール
・メッセージ通数
・メッセージ配信
・チャット
・タイムライン
・クーポン
・ショップカード

有効友だち数(ターゲットリーチ)

全体の友だち累計数からブロック・友だち解除数を引いた数

ブロック

特定の相手からのLINE通話やメッセージをこちらに届かないようにする機能です。スパムメッセージの送信者など迷惑な相手を遮断する際に利用します。