シニア層の顧客をSNSで集客するにはLINE公式アカウントがベスト!その3つの活用ポイント

シニア層の集客のために、SNSを始めたけど、効果がでない。

なかなか登録者数(フォローワー数や友だち数)が増えないのは、SNSは若者向けでシニアの集客には向かないからだ。

私たちのクライアントにも、このような悩みや考えをお持ちだった方はたくさんいます。

しかし、実際は、シニア層がターゲットの場合の方が、通常の運用よりも効果が高い場合がよくあります。

今回は、シニア層をターゲットにしたLINE公式アカウントの活用方法についてお伝えします。

なぜシニア層の集客にLINE公式アカウントが最適なのか?

SNSを始める際に、まずしなければいけない事。

それは、フォロワーや友だちといったアプローチできる人達を集める事が必要となります。

シニア層を集める場合、シニア層がよく使っているSNSを活用することが、効果を出すための1番の近道です。 LINE公式アカウントが繋がることができるLINEユーザーは、幅広いユーザーで、他のSNSよりもシニア層が多く活用しているSNSだと言えます。

そのため、これからSNSを活用してシニア層へのアプローチを考えている方は、LINE公式アカウントからスタートする事がおすすめです。

では実際に、シニア層に向けた集客方法をお伝えしていきます。

LINE公式アカウントの活用は、3つのポイントを重視すると、効果が高くなります。

シニア層集客のための3つの活用ポイント

LINE公式アカウントを活用する上で、重要な3つの活用ポイントは、

  • 友だちを獲得するポイント
  • ユーザーにあったメッセージの配信をするポイント
  • 「これからも繋がっていたい」と思うポイント

を抑えて活用する事です。

それぞれのポイントについて、具体的にお伝えいたします。

友だちを獲得するポイント

シニア層の友だちを獲得で一番効果的なのは、チラシやDMといった紙媒体でのアプローチとなります。

今でも、シニア層はWEBでの情報より、紙からの情報を取得する事の方が、多いといった現状です。そのため、そこからQRコードで登録していただくことが、ユーザーに負荷がなく、友だち(登録者)数を増やしやすいです。

さらに友だち登録していただいた際、少額で結構なので割引などの特典をつけると、登録率がアップします。

LINE公式アカウントの友だちを集めるには友だち追加プレゼント(無料オファー)が大事!友だち追加プレゼント(無料オファー)の作り方と考え方を紹介します!

LINE@(ライン公式アカウント)の友だちを増やすための3つのポイント

ユーザーにあったメッセージの配信をするポイント

シニア層は、迷惑メールだと認識すると、すぐにブロックしてしまう傾向があります。

メールボックスは常にゼロにしておかないと気がすまいといった方も多いです。

LINE公式アカウントでも、一斉送信は、すぐにブロックされてしまいがちです。

そのため、チャット機能を活用し、個別でトークをすることが最適です。

しかし、私たちのクライアントでもそこまでは手をかけられないという方もいます。

そういった方には、最低でもメッセージは、セグメントを切って、自分ごとと捉えていただけるように工夫することをお勧めしています。

リピーター獲得の秘訣!「美容室の成功事例」アフターフォローLINEチャット活用で顧客定着率アップ

漢方薬局のライン公式アカウント1:1トークで売り上げアップ事例

「これからも繋がっていたい」と思うポイント

最後のポイントは、シニア層は常に繋がりを求めているということです。新しく探すより、「いつもの」を好む傾向があります。

他社に奪われてしまうと、取り返すのは至難のわざと言えます。

LINE公式アカウントでは、ユーザーと繋がっておくための機能として、ショップカード機能が実装されています。

ポイントがつくお店はいつものお店へと定着させる効果があります。

ショップカードは難しいといった場合でも、リピートしていただくために特典を考える必要があるということを考えておきましょう。

高齢者(シニア)の集客方法!ユーザー層が高齢者メインの店舗でも友だち数5,000人を突破

リピーター創出に繋がる!LINEショップカードの運用・活用方法、導入事例を紹介!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このように、シニア層の集客に対しSNSを活用するのであれば、LINE公式アカウントの運用はとても、効果的なものです。近年、シニア層のスマホ普及率もかなり上がっています。シニア層の集客においても、オンラインで多くの方と繋がり、お客さまの継続化を実現することが可能となってきています。

私たちは、様々な業種のクライアントをサポートしております。店舗にあったLINE公式アカウントの活用方法を教えて欲しい、近しい業種のLINE公式アカウントの活用法を聞きたいなど、些細なことでもお気軽にお問い合わせください。