LINE@(ライン公式アカウント)は値引きしないと反応がないって本当?

LINE@を始めようかなと思っている人や、LINE@を使わなくなってしまった人の多くが、口を揃えて言うことがあります。

それは、

「割引や値引きをしないと意味がないでしょ?」

「ウチは、そういった値引きはやってないから、、」

という内容です。

これは、今まで新規の集客をする場合に、値引きや割引で集客をやるという方法が習慣化されていることから、このような考えになっています。

もちろん、この方法は全く効果がないというつもりはありません。

割引や値引きをすることで、LINE@を成功させている人もたくさんいます。

しかし、そのような割引や値引きをしなければ、LINE@で効果を出すことできないのか?と聞かれれば、その答えは「NO」と声を大にしてお伝えいたします。

現在の世の中は、SNSが普及し友人や知人へ情報をシェアすることが当たり前となりました。

そのシェアの内容は、値引きや割引で良かったというものばかりではありません。

「この商品は良かったよ」「このサービスに満足」「ここの料理は美味しかった」

など、満足した体験も多くシェアされています。

体験は、「商品の良さ」はもちろんですが、「サービスの良さ」というものがとても重要になってきます。

通販業界では、当たり前となってきていますが、店舗の場合、このサービスの良さとは、空間やその場の接客に加えて、そのあとのフォローアップが非常に重要です。

LINE@の最大の強みを理解する

LINEは、すでに国内で7500万人以上の人が利用しているコミュニケーションツールです。

そして1日1回以上LINEアプリを起動させる人は、85%という驚異的なアプリケーションです。

このユーザーに対して、LINE@は直接やりとりをすることができます。

結果、LINEで企業からのメッセージを読んだことがあると回答した人は72.8%に至ります。

(調査機関:マクロミル社・インターネット調査(2018年7月実施/全国15~69歳のLINEユーザーを対象 サンプル数2,060))

これだけで、LINE@がお客様のフォローアップをするのに国内では、現在最も最適なツールだということが理解できると思います。

SNSが普及し、メールを見なくなっているユーザーは多くなっています。フォローアップのために、メールでご案内を送っても見ていただけないのでは意味がありません。

また、DMを送っても、見ていただけないことも多くなっています。

確実に届く、そして見てもらえる。

これがLINE@の最大の強みです。

AmazonのLINE活用法から学ぶ

具体的にLINE@で、どのようにフォローアップを行なっていくのか。

それは、LINE@の機能であるタイムライン、1:1トークを活用することになります。

世界最大級のインターネット通販サイトである「Amazon」は、タイムラインを活用しています。

タイムラインのコメントには

「Amazonプライム・ビデオは海外でもみれますか?」

「納品書や領収書はもらえますか?」

「届いた商品が不良品で、交換したい」

といった、様々な質問があげられています。

それに対し、Amazonは、どんな内容の質問でも、1件1件メンションして回答してくれます。

また、美容室や整骨院等は1:1トークを活用し、「その後体調はいかがですか?」等のフォローアップを送り、サービス満足度の向上につなげています。

手間をかけることがお客様の信用・信頼獲得につながります

Amazonのようにお客様の質問一つ、一つへ回答することってものすごく手間です。

ですが、Amazonという巨大企業がやっています。

毎日の質問件数は想像がつかないくらいあるでしょう。

しかし、Amazonより多くないはずの私たちはやっていません。

Amazonはそれで信用・信頼を得ています。

お客様と1対1でのアプローチができることがLINE@(ライン公式アカウント)の最大の強みでもあります。

その手間を惜しまずやった人がLINE@(ライン公式アカウント)では大きな成功を得られるのではないかと思います。

最初は人力で問い合わせの回答で、ある程度統計が取れたそれをボットにて自動回答することも可能です。

そのようなシステムを当社でも請け負うことはできます。

最終的に楽をして売り上げを上げる為にまずは、手間を惜しまずやってみませんか?

私たちは、そんなあなたのサポートを全力でやらせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です