【Withコロナだけど・・・】飲食店は集客でどんな工夫をしているの?

飲食店集客の工夫

Withコロナが当たり前になって、あなたを取り巻く環境も大きく変化したのではないでしょうか。店舗に関して言えば、営業時間の短縮や店舗の休業など、まだまだ安心できない状況が続いていると思います。

でも悲観することばかりでもありません。このWithコロナの環境を逆に利用して今までにない集客方法を取り入れている店舗もあります。

今回はその中でも「飲食店」に着目しました。このWithコロナの時代に、飲食店はどのように集客を工夫しているのでしょうか?

「Withコロナ」に起きた飲食店の変化

コロナになったことで大きく変わったのは、何と言っても「店舗に行きづらくなったこと」でしょう。

外出自粛でお客様が足を運びづらくなりましたし、緊急事態宣言中は店舗自体が休業しなければならないという状況も少なくありませんでした。デリバリーやテイクアウトを用いて、来店せずとも食事ができるように工夫している店舗もありますが、やはり懸念となるのが「お客様とスタッフの心の距離」です。

ソーシャルディスタンス

デリバリーやテイクアウトによって注文はしてもらえるかもしれませんが、スタッフとお客様が面と向かって会話をする機会が減ってしまうため、頻繁に店舗で食事をしていた頃に比べると親密度が下がってしまいます

コロナが明けたときのことを想定すると、お客様とスタッフとの距離を縮める、すなわち信頼関係を築くことで、Withコロナが終わったときの来店や集客に繋げることが重要になってきます。

LINE公式アカウントを用いた飲食店の工夫

ではこのWithコロナの状態で、飲食店はどのようにして集客を促進してきたのでしょうか? 方法は様々ですが、特にLINE公式アカウントを用いる店舗が増えてきました

LINEには集客に最適な機能がたくさん備わっているため、今回はその一部と活用事例などをご紹介したいと思います。

ショップカード

LINE公式アカウントでは、来店することでポイントがつくポイントカードのような機能が備わっています。それが「ショップカード」です。

LINEアプリ上でカードを管理することができ、ポイントもアプリ内に溜めることができるため、従来のポイントカードよりも手軽に利用することができます

ショップカード

ショップカードは一定ポイントごとに特典をつけることができます。「食事だけ」よりも「特典」という来店の目的を新たにつくることで、ユーザーの来店意欲を促進し集客の増加に繋げられている店舗もあります。

クーポン

LINEアプリ上では、ユーザーに対してクーポンを発行することができます。クーポンも「来店の目的をつくる」という意味ではショップカードと少し似ています。

クーポンの場合、たとえば「友だち追加することでクーポンを発行」など、ある条件を満たすことでユーザーにクーポンを発行することができます。ショップカードの特典と同じく、クーポンで割引などを行うことで集客を促進させている店舗もあります。

営業日や営業時間の配信

コロナだと営業時間や営業日が不安定になりますよね。ユーザーもお店が開いているかどうかを把握することができず、結果的に来店を諦めてしまうというケースもあります。

営業日や営業時間の変更があった場合、ホームページ上だとユーザーが検索しないと営業に関する情報は入ってきません。

しかし、LINE公式アカウントの配信を用いれば、店舗側から直接お伝えすることができ、ユーザーがインターネットよりも簡単に情報を手に入れることができます

ちなみに、ホームページへユーザーを誘導したければ、「リッチメニュー」という機能を用いることもできます。リッチメニューはLINEトーク画面上に店舗のホームページなどへのリンクを用意することができます。

そうすることで、配信に含むことができなかった詳細な情報もお知らせすることができますし、ユーザーはLINEを経由して情報を取得できるので手間もかかりません。

【新機能】LINEリッチメッセージ・リッチメニューが簡単に作成できるように!設定方法、活用方法をご紹介します。

コロナだからこそできることがある

コロナ禍、特に緊急事態宣言などでディナーを提供できなかったり、休業しなければならない店舗もあります。ですが、Withコロナという今までになかった環境に突入したことで、新しい可能性も見えてきました

LINE公式アカウントを用いれば、ユーザーが店舗に足を運ぶメリットをつくることができます。来店に必要な情報を簡単にお知らせすることができます。

そして何より、LINE公式アカウントを用いて配信を積み重ねていけば、ユーザーとの信頼関係を深めることができます。コロナが明けて以前の状態に戻ったときに、LINEを通して深めた信頼関係によってそのまま来店してくださるお客様も増えるはずです。

コロナで苦しくなった側面もありますが、Withコロナの今だからこそできることもあります。ピンチをチャンスに変えて、店舗に新しい可能性を見出していきましょう。